コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

1.17から15年。

15年前の1月17日の朝5時40分、なぜかすっきり眼が覚めたでんか。
その直後人生で味わった事のない揺れを感じ、慌てて昨日届いたばかりのコンポを抑えました。
でもその直後さらに大きな揺れが来て、聴いたことのない音が屋根からしてきて恐くなり慌てて表に飛び出した。
玄関から表に出てさらに恐怖は増しました、地響きが鳴り響いていたからです。
その後テレビのスイッチを入れ地震速報を待ちました、その間に実家に電話し、長男宅と、西ノ宮の親戚に連絡するよう言いました。
地震速報を観てからもう一度寝たでんか、当然の事ながら震災の悲惨さなどその時は微塵も感じてなかったのです。
その日の夜、仕事から帰ってテレビを観ると(9時過ぎくらい)燃え盛る神戸の街がテレビに映し出されていました。
あまりに現実離れした光景に「これなんかのテレビ?(映画の意)」と両親に尋ねたほどでした、幸いにも阪急は西ノ宮までは通じていたので両親は次の日に親戚の家へ行きました。
でんかは震災後の週末に亀岡周りで兵庫に行きましたが神戸の町がまるで映画のセットみたいで・・・、でもただ漂う異臭に現実なんやと大変な事がおこったんやと、そのとき初めて身をもって実感しました。
小さい時から庭のようにウロウロしてた阪急西ノ宮北口駅前商店街。
大好きやったおもちゃ屋さんも、入り口にあったケーキ屋さんもほとんど跡形なくなって、小さい頃に泊まった親戚の家が傾いている光景は今も目蓋に焼き付いています。
でんかの親戚はおおむねそうなんですが明るいんですが、被災した親戚もご多分にもれず明るい家で水や食料を持って見舞いに行ってるのにこちらが心配されたり、お茶だされたり。
そんな中、透析治療中だったおばちゃんが亡くなりました、火葬場も被災したりいっぱいやったりでいつになるかわからないと言われ、遺体を京都に運び京都で葬儀を執り行いました。
その時に親戚を西ノ宮から京都まで車に載せて走ってる時の事でした、いとこの子が(当時小学生)171の高槻のホテルの前の噴水を見て「水が出てる!」京都に来てからも寝るときに「寝巻き着て寝るの久しぶり」と言ったのは今も忘れられません。
あれ以来少しの揺れで眼が覚めるようになりました、あれから世界各地で地震が起きています。
地震は防ぎようがありません、防災はもちろん大事ですが肝心なのは起きた時に何をするか、ほんとベタですが助けあいの気持ちと行動が一番大事なのではないでしょうか?

改めて震災で亡くなられた方々の冥福をお祈りします。


スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

でんかさんこんばんは

うーんもうそんなに経ったんですね。
私も揺れで目を覚ましましたがそんなにひどい事になっているとはつゆ知らず、ニュースを見てびっくりでした。

体験された方にはいつまでもついこの間の事なんでしょうね。

No title

京都人のわれわれには、身近な災害でしたね
ボクは「ぜんざい」持って訪問する一行に参加
あたたかく迎えられ、人情の尊さを知りました

ボクの叔母も圧死し、葬儀は九州の実家で
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

でんか55

Author:でんか55
京都在住の大阪万博の記憶もしっかり残るアラフォーライダー、幼少の頃より病弱のため転倒すると一人で起こせないギリギリライダーでもあります。
趣味はいろいろくるま好きバイク好きプラモ・ミニカー・モデルガン、映画・まんが・その他いろいろなんでも首を突っ込む八方美人の中年おやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。